中途採用ヘッダー

「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」を利用して、ITエンジニアに中途採用されたいですよね。

未経験でもITエンジニアに転職できるのかな?

未経験だと自信がないですよね。

基礎知識を身につけて中途採用されたいですよね。

「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」は、ITエンジニアの資格を取ってから転職します。
未経験で中途採用される場合でもやる気を見せられるのでチャレンジしてほしいです。

・「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」では、インフラエンジニアに就職/転職することに特化したカリキュラムが用意されています
・インフラエンジニアは未経験からの就職が容易で好待遇です
・インフラエンジニアの収入は、他のITエンジニアと比較してもかなり高い水準です

インフラエンジニアに就職/転職することに特化したカリキュラムを受講できます。

 

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」でITエンジニアヘ一歩踏み出しませんか!

\ 未経験者からITエンジニアへ転職! /
スピード転職コースの公式サイトはこちら!

 

  1. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の特徴!
      1. インフラエンジニアを目指すのに特化したカリキュラム
      2. 資格取得保証制度がある
      3. キャンペーンがある
      4. サポート体制の満足度が高い
  2. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」で転職するメリット!
      1. ITエンジニア転職に有利な資格を取得できる
      2. 転職のサポートをしてもらえる
      3. インフラエンジニアになれる
  3. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」のデメリット!
      1. 資格取得に費用がかかる
      2. 資格を取得できないと転職できない
      3. 年齢が高い人は紹介してもらえない
  4. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」をおすすめする人!
      1. 未経験だがITエンジニアを目指したい人
      2. 稼げる職業に就きたい人
      3. これからも伸びる業界で働きたい人
  5. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」をおすすめしない人!
      1. 資格取得をする向上心が少ない人
      2. 自分の将来の仕事について真剣に考えていない人
      3. 年齢がある程度高い人
  6. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」がインフラエンジニアを推奨するわけ?
      1. 未経験からの就職が容易
      2. インフラエンジニアは高収入
      3. エンジニア不足が発生
  7. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」についてよくある質問!
  8. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の受講料金とキャンペーン!
      1. 受講料金について
      2. キャンペーン情報
  9. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」のキャリアサポート!
  10. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の会社情報
  11. 中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の申し込み方!

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の特徴!

インフラエンジニアを目指すのに特化したカリキュラム

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」では、インフラエンジニアへの就職を目指すためのサーバー・ネットワーク等のインフラ技術の基礎を学べます。

短期集中型の学習でITエンジニアになるために必要な知識を最短1ヶ月で取得します。

全てのカリキュラムは完全オンラインで、いつでもどこでも学習を進めることが出来ます。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」では、企業へア ピールするためにLPIC101という資格を取得することが出来るため、未経験であっても有利な状態で就職活動を進めることが出来ます。

資格取得保証制度がある

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」は、条件を満たした受講生のLPIC101の受験費用(15,000円)を負担してくれます。

条件は、カリキュラム内の模擬試験で90%以上の得点を取ることです。

模擬試験は何度でも受験できるため、とても利用しやすい制度です。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」は、未経験者の資格取得率99%を誇る、実践的なカリキュラムに沿っています。

キャンペーンがある

キャンペーンを実施中です。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」のキャンペーンを上手に利用すれば、受講料を半額(40,000円)で利用できます。

サポート体制の満足度が高い

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」は、毎日22時まで利用可能なチャットサポートや週次のメンタリングによる学習サポートを実施しています。

コースを修了した人にはキャリアサポートを提供しています。

専門キャリアカウンセラーより、企業の紹介から、書類の添削、面接練習などを徹底サポートを受けられます。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」では面接対策をしてくれので心強いです!

\ 未経験者からITエンジニアへ転職! /
スピード転職コースの公式サイトはこちら!

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」で転職するメリット!

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」に登録して、ITエンジニアになるメリットです。

ITエンジニア転職に有利な資格を取得できる

転職するのに手ぶらではなく有利となる資格を持っていると、面接などでもアピールができます。

ITエンジニアになるというあなたの本気度も示せます。

転職後に使える知識やスキルを示すことができるので、転職活動において大変有利に働くでしょう。

転職のサポートをしてもらえる

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」は資格を取っただけでなく、資格をアピール出来るための転職サポートもしっかりしてもらえます。

インフラエンジニアになれる

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」のカリキュラムを学び資格を取ることによって、インフラエンジニアへの一歩を踏み出したと言えます。

IT業界ではっきりした目的をもってスキルアップを図ることができます。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」のデメリット!

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」を利用する上でのデメリットもあります。

資格取得に費用がかかる

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」ではインフラエンジニアになって転職することに特化しています。

資格取得のために費用が掛かりますが、キャンペーンを利用すればお得にカリキュラムの受講ができます。

資格を取得できないと転職できない

転職サポート受ける場合は、原則としてLPIC101 / CCNAを取得済みである必要があります。

しっかりと学習をして資格取得を目指しましょう。

年齢が高い人は紹介してもらえない

未経験者向けなので、年齢は若い人向けになります。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」のキャリアサポートの条件が29歳までとなっているので、実質的にコース受講の条件も29歳までとなっています。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」をおすすめする人!

未経験だがITエンジニアを目指したい人

IT 業界の経験はないけれども ITエンジニアを目指したい人にとっては、とても便利なサービスです。

ITエンジニアとっての不可欠なスキルを身につけるためのカリキュラムと、資格を取得して有利に転職活動を行えます。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」で最低限の知識を身につけてプロの転職サポートを受けることによって、転職の成功確率はかなり高まります。

稼げる職業に就きたい人

IT エンジニアの中でもインフラエンジニアは、収入が高くなっています。

インフラエンジニアとして就職できれば、しっかりとした稼ぎもできるでしょう。

これからも伸びる業界で働きたい人

技術の進歩が益々進みIT業界は今後とも拡大していくことが予想されます。

IT業界での人手不足は今後も続くと思われます。

飽和した業界ではなく、今後とも伸び代のある業界で働きたい人にとって、IT業界はとても魅力があります。

伸びる業界で仕事をしていきたいと考えている方には、規模の拡大や新たな技術の開発など、成長が望めるIT業界をがおすすめです。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」は自分の未来を開きたい人におすすめです。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」をおすすめしない人!

資格取得をする向上心が少ない人

インフラエンジニアになるために最低限の知識を身につけるための資格取得があります。

資格取得は難しくはありませんが、向上心を持って取り組む人におすすめです。

IT業界で仕事をするためには新しいスキルをどんどん身につけようという人でないと、ついていけないので、向上心が高い人が望まれます。

自分の将来の仕事について真剣に考えていない人

自分の仕事について真剣に考えないのであれば 、IT業界にたとえ入れたとしても、満足な仕事はできないでしょう。

自分の将来ビジョンをしっかり持って、仕事に向き合う必要があります。

年齢がある程度高い人

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」は、未経験の人に向けた専門サービスです。

キャリアサポートの条件が29歳までとなっているため、年齢制限があります。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」がインフラエンジニアを推奨するわけ?

未経験からの就職が容易

ITインフラは、電気や水道と同様な生活に必須となるものです。

そのため、需要も高く安定性の高い職業です。

資格という分かりやすい指標があるので、未経験者でも資格を持っていれば、転職できる可能性がとても高いのです。

インフラエンジニアは高収入

インフラエンジニアの収入は、他のITエンジニアと比較してもかなり高い水準となっています。

インフラエンジニアの平均年収とITエンジニア全体の平均年収を比較すると、60万円もの差があることが分かっています。

エンジニア不足が発生

IT業界では、今後深刻なエンジニア不足が発生することが予想されています。

2030年には約79万人の人材が不足すると言われています。

このような人材不足を解消するには、既存のITエンジニアだけでは絶対的に人数が不足しています。

未経験者の人に研修や教育によってスキルアップを図り、ITエンジニアになってもらわないと人材不足を補うことはできません。

そのため未経験者の採用がIT業界では積極的に行われています。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」についてよくある質問!

Q:完全に未経験で不安なのですが、受講可能ですか?
A:はい、問題ございません。本スクールを受講いただく方の9割以上の方が完全にIT知識のない未経験の方となっております。
CODE×CODEでは、未経験の方に受講いただくことを前提にカリキュラムを作成しておりますのでご安心ください。

Q:受講の条件等はあるのでしょうか?
A:キャリアサポートの条件が29歳までとなっておりますので、実質的にコース受講の条件も同様に29歳までとなります。
その他の条件はございません。

Q:通常のコースとは何が異なりますか?
A:スピード転職コースはその名の通り、最短効率で転職活動を成功させるためのコースになっております。
その特性上、キャリアサポートを受けていただき転職活動を実施いただくことが前提となっております。

Q:受講にあたり必要なものはありますか?
A:コース学習で使用するパソコンについてはご自身でご用意頂く必要があります。
Windows,Macどちらでも対応可能ですが、ある程度のスペック(メモリ8GB以上)は確保頂くことを推奨しております。
詳細についてはWEBオリエンテーションにてご確認ください。

Q:在職中であっても受講は可能ですか?
A:はい、可能です。
学習用の教材等はすべてWeb上に公開しており、受講者様の好きなタイミングで学習いただくことが出来ます。
また、チャットでのご質問についても、いつでも可能な環境となっております。
※ ただし、原則として22時以降のご質問は翌朝の回答となります。

Q:支払い方法を選ぶことは出来ますか?
A:はい、受講料のお支払いは下記のいずれかの方法を選ぶことが可能です。

・銀行振込(一括)
・クレジットカード決済
・ローン支払い

※詳しい決済方法については、WEBオリエンテーションにてご説明しております。

Q:転職活動を始める場合、どれくらいの期間で内定を獲得できますか?
A:応募する企業様にもよりますが、一般的には書類応募から1~1.5ヶ月程度かかる想定でございます。

Q:コースを修了していない場合、キャリアサポートは受けられませんか?
A:条件として資格の取得を前提としている企業様も多いため、まずはコース修了に専念頂くことを推奨しております。

Q:地方での転職は可能でしょうか?
A:弊社のご紹介企業はすべて関東圏内の企業様になっております。
そのため、地方の企業様への転職というのは難しいことをご了承ください。

※ 地方から上京しての転職であれば可能でございます!

IT業界では人手不足が深刻化しています。
経験者だけでは不足する人材を賄うことが困難になってきています。
そのため未経験者を採用して育成しながら人材を充当していく必要あるのです。

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の受講料金とキャンペーン!

受講料金について

◆ LPICコース

サーバの基礎技術を学習するコースです。
サーバを扱う上で重要なLinuxの基礎知識を重点的に学習し、LPIC101を取得するのが目標。

受講料金:¥80,000(税込)

受講期間:最大 1カ月

◆ CCNAコース

ネットワークの基礎技術を学習するコースです。
ネットワークを深く理解するため2ヶ月かけて集中して学習し、CCNAを取得するのが目標です。

受講料金:¥120,000(税込)

受講期間:最大 2カ月

キャンペーン情報

【先着10名限定】のキャンペーン実施中!

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」を今申込むと、通常の50%OFFの料金で受講できます。

◆ LPICコースの場合

通常料金:¥80,000  → 40,000(税込)

◆ CCNAコースの場合

通常料金:¥120,000  → 60,000(税込)

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」のキャリアサポート!

コース学習を修了したあとは、転職/就職キャリアサポートを受けます。

要望に沿う企業の紹介から、各種書類の添削、面接対策まで、就職・転職が成功するまでの活動のサポートを受けられます。

キャリアサポートの利用条件

・LPIC101 / CCNAを取得済みであること
・年齢が29歳以下であること
・一都三県での就業が可能であること

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の会社情報

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の運営会社です。

会社名 株式会社NSP(NSP Co.,Ltd)
コーポレートサイト https://nsp-inc.co.jp
法人番号 1011101091372
所在地 〒141-0021
東京都品川区上大崎3-7-5 エステートタナカ5F
電話番号 03-6277-1337
事業内容 システムソリューションサービス
オフィスインフラサービス
ホームページ制作サービス
人材育成サービス
認定 一般労働者派遣事業 派 13-315284 ※マージン率 27.8%
有料職業紹介事業  13-ユ-314046

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の申し込み方!

中途採用でITエンジニアになれる「CODE×CODE(コードコード)スピード転職コース」の公式サイトの「WEBオリエンテーションお申込みフォーム」から申し込みます。

WEBオリエンテーションお申込みフォーム

\ 未経験者からITエンジニアへ転職! /
スピード転職コースの公式サイトはこちら!

「CODE×CODEスピード転職コース」で中途採用で未経験のITエンジニアに転職できる?
タイトルとURLをコピーしました